一般社団法人長崎県手をつなぐ育成会

電話でのお問い合わせ 095-846-8730

文字の大きさを変える

  • 小
  • 中
  • 大
  • 最大

活動のご報告

第57回九州大会佐賀県大会へ参加しました!2017-08-31

 平成29年8月26日(土)〜27日(日) 佐賀市文化会館にて「第57回九州地区手をつなぐ育成会佐賀県大会」が開催され、長崎県内の育成会会員、事業所職員等長崎県より220名あまりの方が参加しました。

 26日は式典のあと本人部会含む4つの分科会、2つの本人向け観光コースに分かれ、夜は懇親会・交流会で各地の参加者と交流を深め、27日は中央情勢報告と記念講演、本人レクリエーションがありました。

 大会のようすが佐賀新聞に掲載されており、ネットニュースでも見られますので紹介します。

 

 「障害者福祉の 最新動向紹介 手をつなぐ育成会九州大会





第39回 県ゆうあいスポーツ大会 開催2017-05-24

主催:長崎県 主管:長崎県手をつなぐ育成会・知的障がい者福祉協会による「第39回長崎県ゆうあいスポーツ大会」が521日(日曜日)五月晴れの下、諫早市「なごみの里運動公園」で開催されました。

トラックでは50m走、施設対抗リレーを。フィールドでは玉入れ、地域よる遊戯などが展開。5,000人を越える皆さんから温かい拍手が湧き、大会を盛り上げて頂きました。来年は、記念すべき第40回。「皆さん 会場でまたお会いしましょう」

長崎新聞社のご協力で、記事を提供頂きました。(平成29年5月22日(月)掲載)

PDFもご覧下さい。

  • 平成29年5月22日(月) 長崎新聞より

2016希望卿いわて大会 長崎選手団奮闘!2016-10-28

車イスバスケットチームは、長年の努力が実り全国制覇。おめでとうございます。

 

 このスペースでは、選手の皆さんの活躍をお伝えすることはできませんが、長崎県が獲得したメタル総数は、金19、銀10、銅8の計37個です。(知的障害区分では金6、銀6、銅4の計16個)

 特に、知的障害男女共通400mリレーでは、8年ぶりに金を獲得するなどの好成績。また、陸上選手8名全員がメタルを長崎に持ち帰ることができました。

選手の皆さん2020年東京パラリンピックを視野に入れて、飛躍されることを願っています。

団体競技では、九州地区を代表した長崎県知的障害者女子バスケットボールチームは、1回戦大阪市チームに35-52で敗れたが、その後の交流戦で岩手チームに快勝。選手たちは初戦の1敗が相当悔しくしていたとコーチより連絡。

 同チームが作成した“力をあわせて乗り越えよう”のエールは、長崎の地で応援を送っていた皆さんにも熱い思いが伝わりました。

(写真は長崎新聞社提供1023日掲載 PDFでも見られます)

  • 長崎新聞社提供10月23日掲載

地域と共に 開かれた特別支援学校をめざして2016-10-27

リオ・パラリンピックが開催されていた916日(金曜日)、「シーハット大村」メインアリーナにおいて、長崎県下の知的障害特別支援学校の小・中学部児童生徒450名が参加し、徒競走を中心に第42回長崎県特別支援学校体育大会が華やかに開催されました。(掲載時期が大変遅くなりました。お許しを!)

スタートの合図に合わせて、一気に駆け抜ける生徒さん。応援に駆け付けた人たちに手を振り笑顔を見せながら、あるいは、補助具を駆使して懸命にゴールテープを切る児童生徒さんに、会場からは児童・生徒さんや保護者の皆さんから温かい応援、熱い拍手が湧きました。

この大会は、今回で長い歴史に幕を引く最後の体育大会に。近年、児童生徒さんの増加、分校の拡大化など一堂に会して体育大会を維持運営することが難しくなっているとの判断とのこと。他校との交流の場であったのにと少し残念なところも。

体育大会に変えて地域との交流を深める企画を計画されるとのこと。地域との交流を目的としたイベント等が盛んになることを願い、会場を後にしました。
  • 第42回県特体より

「九州地区手をつなぐ育成会長崎大会」終える 癸2016-08-31

56回九州地区手をつなぐ育成会長崎県大会は、恒久平和を願う長崎の地に相応しい大会主題として「障害がある人もない人も共に生きる平和で拓かれた社会の実現」とし、大会スローガンは、「がんばらんば共にくらす 心豊かなみらい づくり」を掲げて827日、28日長崎ブリックホールを主会場として、九州各地の育成会会員をはじめ、福祉に関わって頂いている1300名の方々が集い、開催することができました。

特に、障害者を支える各々の施策のはじめには 「共生社会の実現」と謳われていますが、この当りまえの「言葉」を繰り返し表現しないといけない社会ではなく、ごく自然に、受けいれられていく社会づくりをめざすとして、議論を深める大会となりました。

集って頂きました皆さんに、厚くお礼申し上げます。
  • (大会式典写真)